トレーニングで体を痛めた

トレーニングで体を痛めた

トレーニングでは、若い人の場合、重いバーベルを持ち上げたりします。フォームがきちんとできておらず、腹筋に力が入っていない状態で持ち上げようとすると腰を痛めることがあります。また、ベンチプレスの場合も変なフォームで行うと肩を痛めることもあるそうです。

個人で、ジムに行って行う場合、このように腰や肩を痛めることが多いと思いますが、ライザップは専任トレーナーが自分にあった重さでトレーニングをコーディネートしてくれますし、少しでも腹筋に力が抜けて、腰に負担がかかっていると、腹筋のサポートをしてくれたり、もう少し軽い重さでやるようにしてくれます。

私は、初期の頃、なかなか重い重さでやれずに少しだけ物足りなさを感じていたのですが、まだフォームが固まっていなくて腰に負担がかかるので、このままでは腰を痛めてしまうと思ったからだそうです。

このように怪我をしないように、腰や肩を痛めないようにマンツーマンでサポートしてくれるのがライザップの良いところだと思います。

トレーナーに教えてもらったフォームでがんばって筋力トレーニングをしていけば、心配はいりません。


ライザップの公式ページへ